ひろしま地域住宅の会 もみじの家

0120-366-112
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
お問い合わせ

もみじの家とは:About the house of a maple

もみじの家とは:About the house of a maple

特徴・具体像

広島の気候(凪・日射)を踏まえた快適・省エネ住宅

夏の凪の暑さを和らげ冬は暖かい改正省エネ基準+αの温熱性能の自然省エネ住宅

  • 01:通風:建具の仕様や納まりのルールにより通風を確保します。
  • 02:日射遮蔽:庇や外付けブラインドによる日射遮蔽を行います。
  • 03:断熱:開口面積の制限を行い、熱損失(Q値)(UA値)の増加を抑えます。
地域の森と街を元気にする長寿命な「ひろしまの家」
  • 県産材100%のスギ(一部ヒノキ)骨太架構
  • 構造材以外3㎥以上に県産材使用
  • 柱は原則120角(隅部以外105角も可)
  • 04:地域材の利用:構造材の100%、構造材以外3㎡以上に県産材を使用する。
  • 05:骨太な架構:柱は原則120角(隅部以外は105角可)の骨太で大柄な架溝
  • 06:供給システム:会員の工場を活用した地材・地消の供給システム
地域の自然素材と植栽(もみじ)で街並みを育てる住宅
  • もみじの木植栽 最低2本以上必須(H2m以上推奨)
  • 地域素材利用 2種類必須(地域材+α)
  • 07:街並・景観:温熱対策を兼ねたもみじ植栽(2本以上)地域素材の外構等により地域景観形成を計る。
  • 08:自然素材の活用:地域素材の活性化により地域経済の活性化を図る。

特徴・ポイント

(1)長寿命型・高度省エネ型・優良木造建築物型共通 ・第三者機関による会独自の断熱施工の現場検査実施 ・住宅履歴情報登録の実施(住宅品質評価向上)
  • 現場検査実施
  • 住宅履歴情報登録の実施
(2)長寿命型に関して(限定) ・維持保全計画の作成と点検、検査事業者による定期点検
  • 長寿命型に関して(限定)

断面・平面イメージ

国が進める地域型長期優良住宅

国土交通省「地域型住宅グリーン化事業」採択住宅名 もみじの家 誕生!!
自由設計 地産・地消のひろしまの家

地域型住宅グリーン化事業の目的

将来にわたって継続される、地域における木造住宅生産・維持管理体制等を強化し、環境負荷の低減を図る。グループを構成して省エネ性能や耐久性の優れた木造住宅の供給<高品質住宅で資産価値の向上> 高品質住宅

平成28年度 新築最大の補助事業

2020年(4年後)には低炭素・長期優良住宅が当たり前の時代に
地域の中小木造住宅生産者で採択グループのみが対象です。
生産者グループ結成ひろしま地域住宅の会 → グループ仕様・ルール → 国土交通省グループ採択

地域における木造住宅の生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、資材供給、設計、施工などの
連携体制による、省エネルギー性能や耐久性などに優れた木造住宅の整備に対して支援する事業。

【対象住宅】1 長寿命型  :長期優良住宅・・・木造 新築 2 高度省エネ型:認定低炭素住宅・・木造 新築 3 高度省エネ型:ゼロ・エネルギー住宅・・木造新築及び改修 4 優良建築物型:認定低炭素建築物等良質建築物・・木造 非住宅 新築
<事業活用で> お施主様メリット 高品質住宅は建てたいけどコストが高くつくのでは…? こんなお施主様に補助金を活用して夢実現!

事業の対象となる住宅と補助金

対象住宅 グループ商品名称 最大補助金/戸
(1)長期優良住宅
もみじの家

100万円/戸を上限

(2)認定低炭素住宅
木もれ陽の家

100万円/戸を上限

(3)性能向上計画認定住宅
木もれ陽の家

100万円/戸を上限

(3)ゼロ・エネルギー住宅
木もれ陽の家 プレミアム

165万円/戸を上限

(4)優良木造建築物非住宅
木もれ陽の家 プレミアム

1㎡につき1万円

1事業者当り1,000万円が上限

※平成28年度より三世代同居仕様には、別途補助金が加算されます。

※ただし、施工事業者1社当たりの利用枠がありますので、詳しくはお尋ねください。

「地域型住宅グリーン化事業」パンフレットダウンロード

もみじの家